2011年06月17日

放射性プルーム その2 柏

0619.00.png

ドイツ気象局発表の、6月19日午前9時の放射能拡散予想図です。
前日に続き、本州のほぼ全体に拡散する予報です。
昨日取り上げた、建屋カバーが全基で完成すれば、こんな予報を気にしなくて済むはずですが・・・。


以前のブログ5/26犯人はこいつか?で、
静岡の茶葉の問題について書きました。
静岡にいわゆるホットスポットが出来たのは、放射性プルーム−放射能雲が原因との事でしたね。

ある程度細かく放射線の測定が行われるようになり、改めてホットスポットが見つかって来ました。
特に大きく騒がれているのが、千葉県北西部、柏・野田・鎌ヶ谷のあたりの放射線量です。

放射線濃度なぜ違う?文科省測定と自治体の独自調査 JCAST テレビウオッチ

これも原因は放射性プルームのようです。
私が四の五の言うよりも、柏市の放射性プルームについて素晴らしい分析をされてるブログがあったので
そちらを紹介します。
数多くの図表を使って、非常に判りやすく解説されています。
管理人のkenkenさんは、とても素人の方とは思えない詳しさです。

3/21柏市を汚染した放射能プルームについて


該当する、千葉県北東部は勿論、茨城県南西部、埼玉県東部の方々は必見です。
3月21日の早朝から午前中、あなたは何をしていたか覚えていますか?

posted by ぜう at 00:01 | TrackBack(0) | 放射能汚染 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。